2012年10月28日

茶トラ君の話

茶トラのツバメ君は


突然家の周りに出没しはじめた子猫です。

にゃーんと呼びかけてくるくせに、警戒心が強く
触ろうとすると、サササささーと逃げていって隠れてしまいます。

まだ子猫だしもうじき寒くなるし・・(´・ω・`)

子猫と言っても、四ヶ月くらいで結構大きくなっちゃってるから
里親さん探すのは難しいかも・・・
でも、もしかしたら見つかるかも・・・
ダメだったら・・・・ しゃーない家で飼うか・・・70%


とりあえず保護して病院へ連れていってみました。
(一筋縄では捕まってくれず、結局夫君がタモ網で捕獲。
 噛まれて、また名誉の負傷ですw)


最初おびえていたので、病院ではネットに入れて診察
血液検査の結果、FelvやFIVは陰性。(ホッ

健康状態も良さそうとのことで、取りあえず家で様子をみることに・・・。

夜、大分落ち着いてきたので抱っこしてみると

(´・_・)ん?

何か、お尻というかフトモモの辺りがボコボコしてる・・・・

よくみると、毛の下の皮膚が盛り上がっている感じ???

「これなにかな?」と

喧嘩して噛まれてそれが、そのままカサブタになっちゃったのかな?
それにしては範囲が大きいような・・・
押しても痛がったりはしないいけど、心配なので、翌日もう一度病院へ・・・

病院でよく見てもらうと・・・

少しふやかすと、血や膿が・・・Σ( ̄ロ ̄lll)

「喧嘩の怪我かは分らないけど、傷が中で膿んでいるようなので
ゆっくり見させて下さい。」


とのことで預けてくる。


夕方電話があって、

「やはり、傷がかなり奥深くまで行っていて、中で膿んでしまっているので
明日悪い皮膚をきりとる手術をします。」

Σ( ̄ロ ̄lll)

こっそりそんなに大変なことになってたなんてーーーーーーー
捕まえる前は、ぴょんぴょん元気に走ってたのに・・・・・・90%


で、次の日

「喧嘩とかで噛まれた傷ではなくて、有刺鉄線とか鋭いものに引っかかった
傷でした。スパっと切れているわけではなくて、キザキザなので傷口の
治りがちょっと時間かかるかもです。 中には膿や泥や汚いものがいっぱい
まだありました」
「おそらく、今年の春猫で、野良で生後四ヶ月位でしょう。
 抗生物質をきちんと投与したいので、しばらく入院したほうがいいでしょう」
(野良で人なれしていないと薬を飲ませることが出来ないため。)


Σ( ̄ロ ̄lll) 昨日今日出来た傷じゃなかったし、カサブタの出来具合から
一ヶ月くらいはたってそう・・
三ヶ月で母猫と離れてすぐの怪我?? 100%

一週間ほど入院して、薬も飲ませられるだろうとのことで退院してきました。

2012.rurukiki8 020.jpg



2012.rurukiki8 021.jpg

傷デカイよねぇ・・・


2012.rurukiki8 022.jpg


6針くらいぬったのか??


半分ずつ抜糸するそうです。


続く・・・・ 

クイズ・・本文中の%表示はなんでしょう・・・

ニックネーム shinako at 09:21| Comment(6) | にゃんず | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月22日

噂の真相?

2012.rurukiki8 031.jpg


( ̄ェ ̄;) エッ? なっなに?



2012.rurukiki8 032.jpg


ななな何にも隠してないよっあせあせ(飛び散る汗)



1212.1.jpg


やっやだなぁ


ツバメ囲ってるのは、おかーさんじゃなくって









おねーちゃんよっ!!



2012.rurukiki8 028.jpg


(IN・おねーちゃんの部屋)



続く・・・・


ニックネーム shinako at 13:03| Comment(7) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする